住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】

工事現場

建物を建てる前の調査

建物を建てる際、地盤調査で地盤の強度や性質を調べます。それによって建物の位置や構造が決まります。地盤調査にはスウェーデン式サウンディング試験、ボーリング標準貫入試験、表面波探査法などがあります。自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

工事現場

災害に強い家と土地

地盤調査を行うか否かは、施主が判断することです。それなりの費用がかかるため、無駄な出費と思う人もいるかもしれません。しかし、災害を気にすることなく、ずっと安心して住むことが出来る家を建てるためにも、地盤調査は必要な初期費用です。

地盤調査

地盤の強度を調査する

住宅建築に際して行う地盤調査には様々な方法があるので、より適しているものを選ぶと良いです。調査の信頼性を確保するためには、住宅メーカーとは関係のない第三者の業者を選ぶことをお勧めします。

工事現場

中立公平な判断が必要

住宅建築では地盤の強度が重要ですので、必ず地盤調査をしなければなりません。その際、中立公平な目で判断するため、地盤調査や地盤改良工事などを住宅メーカーにすべて任せるのではなく、第三の業者を入れることも検討すべきです。

作業員

地盤改良するなら

住宅を建てる際には、実績のある業者に確実な地盤調査と地盤補強を依頼することが必要です。それは、地盤が弱いことで、家が傾いたり災害によって起こる液状化現象によって、地盤が沈下するおそれがあるからです。特に、住宅を建ててから10年間は保証があるので、最初でしっかりとした地盤補強が必要となります。

調査方法の種類

地盤調査

調査方法の選び方

住宅の地盤調査の方法には様々な方法があります。マンションやビル、工場のような大きなものを建設する場合にはしっかりとした地盤調査が必要になりますが、一戸建てのような軽量の建物を建築する場合には簡易な方法で地盤調査を行うのが一般的です。一戸建ての住宅建築に際して行われる地盤調査で最も一般的な方法はスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる方法で、地中にドリルを挿し込んでその沈み具合によって地盤の強度を調査するものです。住宅の基礎となる四隅と中央部分の強度を確かめることで地盤改良の必要性を検討します。この方法は比較的容易にできることから準備に必要となる時間もかかりませんし、費用も数万円で行うことができるので一般的な調査方法とされています。スウェーデン式サウンディング試験の場合、ピンポイントでの調査になりますので精度が低いという欠点があります。精度の高い調査方法としてはボーリング試験があります。この調査方法は地中の土を直接採取しますので、どの程度の地盤強度があるのかがはっきりとわかります。マンションなどの建設の際にはボーリング調査を行うのが一般的です。ただ、ボーリング調査は大きな機材が必要になりますので、調査のための準備時間が必要になる上、費用もかかります。住宅建築においては地盤が非常に重要になりますので、きちんと地盤調査を行うことが大切ですので、その地域の状況をよく把握したうえで、適切な調査方法を選ぶことが重要です。

Copyright© 2018 住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】 All Rights Reserved.