住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】

地盤改良するなら

作業員

最初で確実な対策を

災害による被害日本は地震、台風、大雪など様々な自然災害を受ける環境にあります。その中で、地震による被害は甚大なものであり、建物の倒壊や火災、津波を引き起こす恐ろしい災害です。住宅を建てる際には、確実に地盤調査を実施した後、地盤が弱い場合は補強をして家を建てますが、古い住宅は地盤対策が充分でないものもあります。地震が起こった際に、この地盤が弱いことで液状化現象が起こり、沈下する場合もあります。よって、住宅を建てる際には実績のある業者に確実な地盤調査を実施してもらう必要があります。地盤調査から地盤改良までの流れ地盤調査は棒を地面に垂直にさして地盤強度を調べるスウェーデン式サウンディング試験などで調査します。また、地盤の強度とともに土の性質も地盤に影響を与えるために調査します。結果として問題なければ、そのまま住宅を建築します。しかし、地盤が軟弱であれば、地盤補強を施してから住宅を建てる必要があります。地盤補強にもいくつかの手法があり、表層改良工法や柱状改良工法、鋼管杭圧入工法などがあるので、もともとの土地の性質や予算に見合った地盤改良の手法を選定します。最初で確実な地盤改良を行うこと家を建てた際に、住宅に瑕疵がある場合は10年は確実な保障があります。しかし、地盤が弱いことで起こる地盤沈下や外壁のひびなど、建物への影響は後から現れます。よって、保証の期間内で補強が可能であれば問題ありませんが、最初でしっかりとした対策をしておかないと保証期間外に、手出しで補強することになりかねないので注意が必要です。

Copyright© 2018 住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】 All Rights Reserved.