住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】

建物を建てる前の調査

工事現場

地盤の強度を測るには

地盤調査とは、ビルや住宅などの建物を建てる際、地盤の性質や強度などを調べることです。この調査結果をもとにして、建てる場所や基礎の種類、建物の構造を決定していくことになります。地盤調査のタイミングは、クライアントと設計者がある程度の意見の擦り合わせをした後になります。その調査で地盤の強度などに問題が見つかった場合、地盤改良を行います。では、地盤調査はどのように行われるのでしょうか。まず、一番ポピュラーな調査方法はスウェーデン式サウンディング試験です。これは、スクリューのついた金属棒を地盤に埋め、その様子や過程をもとにして地盤の強度を測定する方法です。作業自体も簡単で、戸建て住宅などの地盤調査の際によく用いられます。費用も比較的安く済みます。そして、ボーリング標準貫入試験もよく用いられます。この方法では筒で地盤をくりぬいた孔を利用し、そこにおもりを落とします。そのおもりによって打ち込まれるサンプラーが、30センチメートル貫入するまでの打撃回数で地盤の強度や安定性を判断します。大規模な調査になることもあるので予算はかかりますが、データの信頼性が高いことは大きなメリットと言えます。もし工期が迫っているなどの理由で時間がない場合、表面波探査法がお勧めです。この方法では、振動を出す装置と、それを捉える装置の二つが必要となります。振動が地盤を伝わる様子で地盤の強度を判断します。手間はかかりませんが、技術者の経験などによって結果が左右されやすいので、良い技術者のいる業者を選びましょう。このように、地盤調査には様々な方法があります。建物、敷地の規模や工期、予算などに応じて合うものを選びましょう。

Copyright© 2018 住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】 All Rights Reserved.