住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】

災害に強い家と土地

工事現場

昔はどんな土地だったのか

住宅を建てる際に、建てる予定の土地がどのような土地なのか、しっかり確認する必要があります。宅地という表記は、住宅を建てることができるという意味ですが、どのようにして宅地にしたのかを確認しましょう。元々畑だった土地や、田んぼや沼である場合もあります。その中でも田んぼや沼などの水に関係する土地は、地盤がゆるい可能性が高いです。田んぼや沼を埋め立てて出来上がった宅地は、いくら年数を重ねてしっかり固まったとしても、災害が起きた際に液状化現象が起きることもあります。大きな地震で、実際に家が傾いてしまった家も存在します。そうならないためにも、家を建てる前には地盤調査を行うことをおススメします。地盤調査は、土地の奥深くまでを検査し、ゆるい場所を特定する調査です。地盤調査には費用がかかってしまいますが、その後の安心と引き換えになると考えましょう。調査をして問題がなければそのまま着工に入れますし、万が一、改良が必要なところが出てしまった場合は、その後に地盤改良を行います。ただ、土地探しから始める注文住宅なら、地盤改良が必要かどうかを地盤調査で判断することができます。しかし、建売住宅を購入する場合、地盤調査をしてあるかどうかを確認してみましょう。元々田んぼや沼だった場所に建つ建売住宅で、地盤調査をしていない物件は、良く考えて購入しましょう。注文住宅で元々が畑などの水に関わらない場所だった場合でも、心配であれば地盤調査をすることをおススメします。

Copyright© 2018 住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】 All Rights Reserved.