住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】

中立公平な判断が必要

工事現場

第三者に依頼する

住宅建築では地盤の強度が重要ですので、必ず地盤調査を行って適切な地盤改良工事を行わなければなりません。一般的には、地盤調査は住宅メーカーが建築の流れの一環として下請け業者に行わせることが多いですが、地盤調査と地盤改良工事と住宅建築を同一企業内で行ってしまうと、適正な工事が担保されない恐れがあります。全体の工事価格を下げるために本来必要な地盤改良工事をしなかったり、逆に工事価格を引き上げるために必要以上の地盤改良工事を行うことも可能性としてあります。そのようなことがないように、中立公正な地盤調査会社に依頼することが大切です。自分で調査会社を探して、住宅メーカーや地盤改良工事会社と連携させるのは手間がかかりますが、第三者に入ってもらうことで公平性を保つことはできます。住宅建築のように表面上目に見えるものであればいいのですが、地盤の強度は目に見えるものではありませんし、その結果も長期間たたなければわかりません。それだけに、確実な工事を実施できる業者を選ぶことが重要なのです。場合によっては、一連の流れは全て住宅メーカーに任せるとしても、地盤調査の調査結果についてだけは、第三の中立的な業者にも分析してもらうという方法もあります。これであれば、面倒な手続きはする必要がありませんし、調査結果についても中立公正な立場で判断することができます。いずれにしても、地盤調査と地盤改良工事と住宅建築は密接に関係しますので、専門的な知識を持って判断する必要があります。

Copyright© 2018 住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】 All Rights Reserved.