住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】

地盤の強度を調査する

地盤調査

優秀な会社に依頼

住宅を建築する場合には地盤の強度が重要になります。十分に強度を持たない土地に住宅を建築してしまうと、地盤沈下の原因となります。そうならないためにも、住宅建築に当たっては、適切な地盤調査を行ったうえで、必要に応じて地盤改良工事を行うことが必要です。地盤調査の方法にはスウェーデン式サウンディング試験やボーリング試験、表面波探査試験などがあります。それぞれ特徴がありますが、費用や調査期間、地盤の状況などに応じて適切な方法を選ぶ必要があります。いずれにしても、地盤調査に際しては、調査会社の選び方が重要です。住宅建築の場合、一般的には住宅建築を請け負っている住宅メーカーの関連会社が地盤調査を行っています。施主にとっては、住宅メーカーとのやり取りに一本化した方が話しやすいというメリットがありますし、地盤調査は住宅の間取りにも連動するため住宅メーカーにとっても検討しやすいというメリットがあります。ただ、地盤調査の信頼性を確保するためには、住宅メーカーとは関係のない第三者の業者を選ぶことをお勧めします。住宅メーカー主導の調査になると、全体の工期の関係で十分な調査ができなかったり、地盤改良工事の必要性が不明確になるなどの心配があります。そのような懸念を払しょくするためには、第三者の調査会社に依頼するほうが安心です。その場合には、調査会社と住宅メーカーの意思疎通が十分にできるように、双方と同時に話し合うようにする必要があります。

Copyright© 2018 住宅建設前に地盤調査を行なおう【災害対策に最適】 All Rights Reserved.